menu

feal & feal's pie

〒860-0845
熊本県熊本市中央区
上通町4-10 トラヤビル2階

TEL.096-327-5345

週替わりランチ 4/23-4/29 ハヤシ♪

暑いと思ったら夜寒かったり…
さすが春です。
そして春と言えば、
fealの周年がすぐそこです♪
fealは2004年5月1日にオープンしました。
来月で8周年… 早かったような長かったような…
本当に多くの方のご協力のおかげでオープン当初の目標であった10周年も視野に入ってきました!
このまま楽しく、いつもどおりに10周年を迎えれたらと…(あ、気が早い)
そして8周年の記念イベントを5月19日の土曜に予定してますのでお楽しみに♪
(詳細は後日アップしますね)
で、本題のweek(週替わりランチ)は…

ハヤシライス

ハヤシライス
スープ・サラダ・ドリンク付 900yen
さきほど食しましたが、とにかく…優しい。
が、優しさの中にトマトの酸味も活きてて…美味しい。
ちなみにハヤシライスの語源って諸説あるのですが、なかなかどれも興味深いですよ。
・ハッシュド説 
ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス(Hashed beef with Rice)が「ハッシ・ライス」あるいは「ハイシ・ライス」となり、それが訛って「ハヤシライス」となったとする説。
・人名説
丸善創業者の早矢仕有的(はやし ゆうてき)が作る牛肉と野菜のごった煮に由来。
医師だった早矢仕が作った滋養の強い入院食説、丸善で働く丁稚に対する夜食説、明治初期に早矢仕が友人に振る舞った料理という説がある。(丸善広報担当:談)
もう一つの人名説は、洋食屋の店長の林がビーフシチュー(ハッシュドビーフ)とご飯を混ぜた賄い料理が起源。客による口渡りから全国区になった。(林子平の姉の子孫が考案したと言う説もある)
他にもいろいろあるみたいですが個人的に言わせてもらうと… どれも怪しい。笑
toshi
高校卒業後、オーストラリアへ留学。
その時に「ミートパイ」と運命的出合い。
ミートパイの本場オーストラリアに3年住み、ミートパイを食べ続ける。
帰国後、「ミートパイを日本全国に広げたい」との夢からカフェfealをオープン。
地元・熊本で10年ミートパイをメインにカフェを運営するが、当初の夢「全国に…」を見据え「feal’s pie」と新たな出店形態で様々な蚤の市・マルシェ・百貨店へ出店。
少しずつ、少しずつ夢へ近づいているところ。